IPO 初値予想 新規公開株

IPOで勝つ株式投資


No.1(3562)IPOで主幹事!


IPOで幹事多数!100%抽選のマネックス証券! monex-468


テモナのIPOで主幹事!


LINEのIPOに当選!IPO取り扱い急増中の東海東京証券!


IPOスケジュール2017
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
4/25
4/7~4/13
3565
アセンテック
東M
SBI
1,720円
7.8億
 
4/5に決定
 
4/18
4/3~4/7
6548
旅工房
東M
大和
1,180円
7.6億
 
3/30に決定
A
4/12
3/28~3/31
3564
LIXILビバ
東証未
野・日
2,120円
464.5億
 
3/27に決定
D
4/10
3/23~3/28
7940
ウェーブロックホールディングス
東2
みずほ
840円
50.8億
 
720~750円
D
4/6
3/22~3/28
3985
テモナ
東証M
日興
2,400円
8.0億
 
2,400~2,550円
A
3/31
3/13~3/17
6175
ネットマーケティング
JQS
SBI
1,010円
11.2億
1,140円
1,040~1,140円
B
3/30
3/14~3/17
3563
スシローグローバルホールディングス
東証未
野村等
3,900円
824億
3,600円
3,600~3,900円
D
3/30
3/14~3/21
3984
ユーザーローカル
東証M
大和
2,860円
13.3億
2,940円
2,780~2,940円
A
3/29
3/13~3/16
9283
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
東証イ
日興
10万円
41.2億
9.3万円
9.3~9.5万円
D
3/29
3/10~3/16
3964
オークネット
東証未
野村
1,070円
59.3億
1,100円
1,070~1,100円
D
3/28
3/9~3/15
6694
ズーム(ZOOM)
JQS
野村
1,460円
10.6億
1,520円
1,460~1,520円
D
3/28
3/9~3/15
3562
No.1
JQS
SBI
1,470円
7.4億
1,570円
1,450~1,570円
A
3/27
3/8~3/14
3479
ティーケーピー(TKP)
東M
野村
5,890円
34.5億
6,060円
5,890~6,060円
D
3/24
3/7~3/13
4597
ソレイジア・ファーマ
東M
みずほ
180円
40.2億
185円
175~185円
D
3/24
3/7~3/13
3983
オロ(oRo)
東M
野村
1,930円
22.2億
2,070円
1,930~2,070円
C
3/23
3/6~3/10
6547
グリーンズ
東2
野村
1,350円
68.3億
1,400円
1,350~1,400円
D
3/22
3/6~3/10
3978
マクロミル
東証未
三大等
2,050円
560億
1,950円
1,900~2,100円
D
3/22
3/3~3/9
6546
フルテック
東2
野村
540円
6.95億
600円
540~600円
D
3/22
3/3~3/9
3982
エスキュービズム
東M
みずほ
1,250円
5.0億
上場中止
1,150~1,250円
A
3/21
3/2~3/8
3561
力の源ホールディングス
東M
野村
540円
6.2億
600円
540~600円
A
3/21
3/2~3/8
6545
インターネットインフィニティー
東M
みずほ
1,240円
2.8億
1,320円
1,240~1,320円
A

前受け金不要の岡三オンライン証券!


スポンサーリンク


リネットジャパングループ(3556)の初値予想直前版!

リネットジャパングループ(3556)の初値予想直前版です。

 

リネットジャパングループ(3556)の上場市場は東証マザーズで、主幹事はSBI証券となります。

 

年末IPOで主幹事が続いたSBI証券ですが、直近IPOのシンシアはまさかの公募割れスタート、キャリアインデックスも厳しい初値となりました。

 

それでもシンシアはセカンダリーで大きく跳ねて本日はストップ高、そして本日上場の日本モーゲージサービスも強い展開となっており、再びIPOの地合いは良い雰囲気になっています。

 

renet-hp

 

リネットジャパングループ(3556)は21日以降のA級IPOの行方を占う意味でも、非常に注目されるIPOです。

 

ちなみに、リネットジャパングループ(3556)のIPOチャレンジポイントによる当選株数は200株だったようですが、当選ラインは200ポイント程度だったようです。

 

⇒ IPOチャレンジポイントのボーダーライン(最新版)

 

↓皆さんの当選状況は?↓

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
にほんブログ村へ
 

リネットジャパングループ(3556)の公募価格

1,830円

 

リネットジャパングループ(3556)の公募価格は、仮条件1,690円~1,830円の上限となる1,830円で決定しました。公募価格で見た今期予想PERは約13.3倍吸収規模は約5.3億円となります。

 

リネットジャパングループ(3556)のIPO抽選結果

SBI証券 落選
東海東京証券 補欠→落選
SMBC日興証券 補欠(落選)
岩井コスモ証券 落選
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
日本アジア証券 口座なし
東洋証券券 ネット参加不可
岡三証券 落選
藍澤證券 ネット参加不可
安藤証券 参加→取り扱いなし

 

今年はSBI証券で当選した方が多かったように感じますが、WIN太郎はあまり籤運に恵まれませんでした…。しかし、着実にIPOチャレンジポイントは貯まっているので、来年は期待したいところです。

 

↓ポイント枠と資金枠で当選を目指せるSBI証券↓

⇒ SBI証券が一番オススメな理由!

 

↓口座数が少なくて狙い目の東海東京証券↓

⇒ 東海東京証券のIPOルールとIPO当選のコツ

 

 

リネットジャパングループ(3556)の初値予想

3,130円(公募比+1,300円)

 

WIN太郎は公募価格を約7割上回る3,130円の初値予想とします。

 

リネットジャパングループ(3556)は公開規模も小さくて大手予想会社の評価もB評価と高いIPOです。

 

VC(ベンチャーキャピタル)の保有が約35万株ほどあり、公募価格の1.5倍(2,745円)でロックアップが解除されますが、そのラインは十分に越えてくるかと思います。

 

ただし、ネットリユースやネットリサイクル事業の目新しさは薄れており、翌日以降も優良なIPOが続くこともあるので、予想以上に盛り上がることはないような気がしています。

 

大手予想会社の最終初値予想は3,000円となってます。

 

※主幹事の引受価格=1,683.60円

 

リネットジャパングループ(3556)の大手予想会社の初値予想推移

一発目予想:2,400円~2,700円
二発目予想:3,000円~3,500円
三発目予想:2,700円~3,100円
四発目予想:2,700円~3,100円
最終予想:3,000円

 

リネットジャパングループ(3556)の気配運用

リネットジャパングループ(3556)の初値決定前の気配運用は以下の通りです。

 

気配上限=  4,210円(公募価格の2.3倍)
気配下限=  1,373円(公募価格の0.75倍)
更新時間=    10分毎(下限方向の場合は3分毎)
更新値幅=       92円
※注文受付の範囲は458円~7,320円です。

 

 

↓皆さんの初値予想は?↓


IPO新規公開株ブログランキングへ
 

 

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
最近の投稿
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

安藤証券

10%以上完全抽選。2014年からIPOの取扱いを開始。まだまだ口座数が少ないので狙い目です!

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

70%完全抽選!IPOの抽選申込みは後期型です。立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能なので必須の証券会社です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

東洋証券

10%以上を抽選配分。中国株に強くIPOの取り扱いは少ないですが、口座数も少ないので主幹事入りした時は穴場になります。日本郵政のIPOで当選者多数。

IPOブログランキング
お小遣い獲得キャンペーン!

マネースクウェア・ジャパン

口座開設10,000通貨取引楽天スーパーポイント15,000円分貰えます(楽天会員限定)

DMM FX

新規口座開設後の取引もれなくAmazonギフト券10,000円分が貰えます

ソーシャルレンディング(クラウドファンディング投資)

ラッキーバンク
ラッキーバンク

初心者向けの少額投資で運用利回りは6%-10%強とトップクラス。全案件が不動産担保付きなので安心して好利回りな不動産投資が可能です。口座手数料や取引手数料は一切掛かりません

みんなのクレジット
みんなのクレジット

10万円からの少額投資で運用利回りは1%-12%。運用期間は1か月から36か月で、利息は嬉しい毎月配当。口座手数料や取引手数料は一切掛かりません

IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
ZMPの上場(IPO)について
プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴17年目、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のネオジャパンに当選!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

カブドットコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待タダ取りには必須の証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

むさし証券

10%以上完全抽選。年に数度は幹事入りするので侮れません。幹事入り増加中。

岡三オンライン証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも増加中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2017年IPO
森トラストホテルリート投資法人
 ×15株ホールド中
レノバ
 ×100株売却済み
ファイズ
 ×100株売却済み
ユーザーローカル
 ×200株ホールド中

本年確定分= 309,248円

2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円