IPO 初値予想 新規公開株

IPOで勝つ株式投資


No.1(3562)IPOで主幹事!


IPOで幹事多数!100%抽選のマネックス証券! monex-468


テモナのIPOで主幹事!


LINEのIPOに当選!IPO取り扱い急増中の東海東京証券!


IPOスケジュール2017
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
4/25
4/7~4/13
3565
アセンテック
東M
SBI
1,720円
7.8億
 
4/5に決定
 
4/18
4/3~4/7
6548
旅工房
東M
大和
1,180円
7.6億
 
3/30に決定
A
4/12
3/28~3/31
3564
LIXILビバ
東証未
野・日
2,120円
464.5億
 
3/27に決定
D
4/10
3/23~3/28
7940
ウェーブロックホールディングス
東2
みずほ
840円
50.8億
 
720~750円
D
4/6
3/22~3/28
3985
テモナ
東証M
日興
2,400円
8.0億
 
2,400~2,550円
A
3/31
3/13~3/17
6175
ネットマーケティング
JQS
SBI
1,010円
11.2億
1,140円
1,040~1,140円
B
3/30
3/14~3/17
3563
スシローグローバルホールディングス
東証未
野村等
3,900円
824億
3,600円
3,600~3,900円
D
3/30
3/14~3/21
3984
ユーザーローカル
東証M
大和
2,860円
13.3億
2,940円
2,780~2,940円
A
3/29
3/13~3/16
9283
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
東証イ
日興
10万円
41.2億
9.3万円
9.3~9.5万円
D
3/29
3/10~3/16
3964
オークネット
東証未
野村
1,070円
59.3億
1,100円
1,070~1,100円
D
3/28
3/9~3/15
6694
ズーム(ZOOM)
JQS
野村
1,460円
10.6億
1,520円
1,460~1,520円
D
3/28
3/9~3/15
3562
No.1
JQS
SBI
1,470円
7.4億
1,570円
1,450~1,570円
A
3/27
3/8~3/14
3479
ティーケーピー(TKP)
東M
野村
5,890円
34.5億
6,060円
5,890~6,060円
D
3/24
3/7~3/13
4597
ソレイジア・ファーマ
東M
みずほ
180円
40.2億
185円
175~185円
D
3/24
3/7~3/13
3983
オロ(oRo)
東M
野村
1,930円
22.2億
2,070円
1,930~2,070円
C
3/23
3/6~3/10
6547
グリーンズ
東2
野村
1,350円
68.3億
1,400円
1,350~1,400円
D
3/22
3/6~3/10
3978
マクロミル
東証未
三大等
2,050円
560億
1,950円
1,900~2,100円
D
3/22
3/3~3/9
6546
フルテック
東2
野村
540円
6.95億
600円
540~600円
D
3/22
3/3~3/9
3982
エスキュービズム
東M
みずほ
1,250円
5.0億
上場中止
1,150~1,250円
A
3/21
3/2~3/8
3561
力の源ホールディングス
東M
野村
540円
6.2億
600円
540~600円
A
3/21
3/2~3/8
6545
インターネットインフィニティー
東M
みずほ
1,240円
2.8億
1,320円
1,240~1,320円
A

前受け金不要の岡三オンライン証券!


スポンサーリンク


LINEのIPO(新規上場)で驚いた3つの事!

LINE(3938)の正式な上場の発表はテレビのニュースや新聞でも一斉に報道され、LINEの上場に対する関心の高さが伺えました。

 

しかしながら、予想ではもう少し大きく扱われると思っていたので、ちょっと拍子抜け感もあります。まあ、アホらしい芸能ニュースや都知事の問題、さらにはイギリスのEU離脱懸念で市場も大荒れだったので、仕方ないのかもしれません。

 

個人的には、LINEの人気や相場的にも上場するなら昨年がベストだったような気もします…。

 

line-20160617

 

LINEのIPOの詳細が判明したところで、WIN太郎が事前に想定していたのと違う点もあったので、今日は気になる点をまとめてみました。

 

公開規模が予想以上に小さい!


 

事前の報道では30億ドル(3千億)規模の資金調達と言われていたので、公開規模が1,127億円(国内に限れば418.6億円)しかなかったのは驚きでした。昨年の日本郵政3グループの時は3社合計で1.4兆円もあり、中でも大人気で獲得が困難だったかんぽ生命(7181)の公開規模が1,452億だったので、LINEの公開はかんぽ生命(7181)の3割にも満たない規模です(国内配分ベース)。

 

株数が少なくて需給が良くなるのは株価的にプラスですが、複数当選を狙う側からみると厳しそうです…。ちなみにWIN太郎は、かんぽ生命(7181)を全力で取りに行っても800株しか取れませんでした…。となると、LINE(3938)は取れても数百株か?(TT)

 

LINEの純損益赤字だった!


 

これは個人的に一番ビックリでしました^^;LINE(3938)はこれまで非上場だったので詳細な財務状況も非公開でしたが、今回の上場申請で2015年のLINEの純損益が79億円の損失だったことが判明しました。昨年に買収した音楽ストリーミング事業の買収での損失118億円が響いたそうですが、それでも意外な結果でした。

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
にほんブログ村へ
 

日米同時上場と言いながらアメリカで先に初値が付く!


 

日本やアジアでは圧倒的な人気と知名度を誇るLINEアプリですが、正直言って米国では殆ど知られていません。アメリカではあのフェイスブックが2兆円で買収したメッセージアプリのWhatsApp(ワッツアップ)が人気で、月間アクティブユーザーは世界で10億人を突破しています。実にLINEの5倍近いレベルです…。

 

さらに次点はフェイスブック自体のFacebook Messenger8億強、中国のQQWeChatもそれぞれ8億6.5億と続きます。中国は元々の人口が多いだけでなく、LINEやFacebookが使えないと言う事情もありますが、数的には圧倒的に負けています。

 

という事で、日本やアジアの一部では大人気のLINEですが、世界的に見ると7番手の扱いで、米国での知名度も高くありません。そんな中での日米同時上場であり、しかもアメリカの上場が7/14日で日本より一足早く値がついてしまうと言うのは、辛いところです。

 

 

そもそもアメリカのIPOは初値から値が跳ぶようなことは稀であり、穏健な初値からスタートすることが多いです。となると、一度アメリカで値が付いてしまうと、日本もその値段に鞘寄せしてスタートする可能性もあるので、初値高騰を期待するのは酷かもしれません。だとすれば、翌15日の日本の初値は落ち着いたものとなり、その後値が吹いて逆にアメリカの株価を引っ張るのかもしれません。なので初値予想は非常に難しいですね…。

 

 

↓申し込み口数に比例して当選率がアップ↓

SBI証券のIPOルールとIPO当選のコツ

 

↓LINEのIPO抽選も100%完全抽選↓

マネックス証券のIPOルールとIPO当選のコツ

 

↓主幹事でもある三菱系グループで多くの配分が見込めます↓

 


IPO新規公開株ブログランキングへ
 

 

過去記事:LINE株のIPO(上場)について
過去記事:LINE株のIPO(上場)について その2
過去記事:LINE(ライン)のIPO上場承認と初値予想

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
最近の投稿
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

安藤証券

10%以上完全抽選。2014年からIPOの取扱いを開始。まだまだ口座数が少ないので狙い目です!

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

70%完全抽選!IPOの抽選申込みは後期型です。立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能なので必須の証券会社です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

東洋証券

10%以上を抽選配分。中国株に強くIPOの取り扱いは少ないですが、口座数も少ないので主幹事入りした時は穴場になります。日本郵政のIPOで当選者多数。

IPOブログランキング
お小遣い獲得キャンペーン!

マネースクウェア・ジャパン

口座開設10,000通貨取引楽天スーパーポイント15,000円分貰えます(楽天会員限定)

DMM FX

新規口座開設後の取引もれなくAmazonギフト券10,000円分が貰えます

ソーシャルレンディング(クラウドファンディング投資)

ラッキーバンク
ラッキーバンク

初心者向けの少額投資で運用利回りは6%-10%強とトップクラス。全案件が不動産担保付きなので安心して好利回りな不動産投資が可能です。口座手数料や取引手数料は一切掛かりません

みんなのクレジット
みんなのクレジット

10万円からの少額投資で運用利回りは1%-12%。運用期間は1か月から36か月で、利息は嬉しい毎月配当。口座手数料や取引手数料は一切掛かりません

IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
ZMPの上場(IPO)について
プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴17年目、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のネオジャパンに当選!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

カブドットコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待タダ取りには必須の証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

むさし証券

10%以上完全抽選。年に数度は幹事入りするので侮れません。幹事入り増加中。

岡三オンライン証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも増加中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2017年IPO
森トラストホテルリート投資法人
 ×15株ホールド中
レノバ
 ×100株売却済み
ファイズ
 ×100株売却済み
ユーザーローカル
 ×200株ホールド中

本年確定分= 309,248円

2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円