IPO 初値予想 新規公開株

IPOで勝つ株式投資


ライトアップIPO主幹事!IPOの取り扱い最多級!


マネーフォワード主幹事!100%抽選のマネックス証券! monex-468


前受け金不要の岡三オンライン証券!IPO急増!


主幹事も最多級のSMBC日興証券


IPOスケジュール2018
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
6/29
6/12~6/18
7030
スプリックス
東証未
野村
2,180円
138.7億
 
6/8に決定
 
6/28
6/12~6/18
7032
パデコ
JQS
SBI
1,660円
6.8億
 
6/8に決定
 
6/27
6/12~6/18
7031
インバウンドテック
東証M
東海
3,810円
8.7億
 
6/8に決定
 
6/27
6/11~6/15
4390
アイ・ピー・エス
東証M
みずほ
3,730円
13.7億
 
6/7に決定
 
6/27
6/11~6/15
4389
プロパティデータバンク
東証M
三菱
1,660円
7.2億
 
6/7に決定
 
6/27
6/11~6/15
4388
エーアイ
東証M
SBI
800円
5.2億
 
6/7に決定
 
6/26
6/7~6/13
9274
国際紙パルプ商事
東証未
みずほ
344円
27.7億
 
6/5に決定
 
6/22
6/6~6/12
6580
ライトアップ
東証M
SBI
2,570円
20.1億
 
6/4に決定
B
6/21
6/5~6/11
9273
コーア商事ホールディングス
東二
三菱
2,590円
11.0億
 
6/1に決定
C
6/21
6/5~6/11
4387
ZUU
東証M
野村
1,370円
3.9億
 
6/1に決定
A
6/21
6/4~6/8
4386
SIG
JQS
岡三
2,000円
6.9億
 
5/31に決定
A
6/20
6/5~6/11
6579
ログリー
東証M
日興
1,680円
8.7億
 
6/4に決定
A
6/19
6/4~6/8
4385
メルカリ
東証M
大・三
2,450円
3,315億
 
6/1に決定
B
5/31
5/16~5/22
4384
ラクスル
東証M
大和等
1,400円
176.3億
1,500円
1,300~1,500円
D

2018年IPO初値結果はコチラ


前受け金不要のライブスター証券!

メルカリIPOで期待大!三菱UFJグループのネット証券!

インバウンドテックIPO主幹事!東海東京証券!


スポンサーリンク


JR九州のIPO(新規上場)について!

JR九州IPO(新規上場)がいよいよ視界に入ってきました!

 

先日のロイターの報道によると、9月15日(木)に上場が承認されて上場日10月25日(火)になるとのことです。

 

まだ確定ではありませんが、具体的な日程まで報じられているので信憑性は高いと思います。

 

jr-kyushu

 

今年はLINEライン(3938)と共に2016年IPOの目玉と言われていたので、非常に楽しみです。

 

JR九州のIPOに関して

現段階で報道されているJR九州IPOの情報をまとめておきます。

 

■JR九州の上場日は10月25日(上場承認日は9月15日)※見込み

 

■時価総額は5,000億円規模

 

■上場市場は東証一部上場が有力(同時に福岡証券取引所にも上場見込み)

 

■国内主幹事は野村證券・三菱UFJモルガンスタンレー証券・SMBC日興証券

 

■総株数は32万株。国土交通省所管の独立行政法人・鉄道建設・運輸施設整備支援機構が100%保有し、その一部を今回放出。

 

↓JR九州のIPOも狙い目!↓

 

JR九州のIPOは政府放出株!

JR九州IPOの最大の特徴は、政府放出株であることです。政府放出株と言えば昨年上場した日本郵政3グループを筆頭に、古くはNTT(日本電信電話)やJT(日本たばこ産業株式会社)、さらに同業のJR東日本JR西日本JR東海があります。

 

社会現象にもなったNTT株の初値高騰や昨年の日本郵政グループの賑わいは皆さんご存知かと思いますが、1993年に上場したJR東日本も公開価格38万円→初値60万円と凄いパフォーマンスでした。

 

1996年上場のJR西日本や1997年のJR東海は共に約1%アップと穏健なスタートでしたが、政府放出株に関しては圧倒的な知名度に加え、普段株取引をしない方まで公募株に殺到するため人気化しやすい傾向にあります。

 

 

JR九州のIPO評価

現時点では公開規模や公募価格も未決定なので判りませんが、過去の事例から判断してJR九州のIPOは前向きに検討すべきIPOだと思っています。

 

人気化しやすい政府放出株であることに加え、JR九州の今期の経常利益は前期比で67.0%増の535億円と大幅に改善。熊本地震があったにも関わらず過去最高益の見通しなのは心強いところです。

 

また、時価総額が5,000億円規模なのであれば、その半分の放出でも2,500億円の公開規模です。大型IPOであることは間違いありませんが、国内の公開規模が493億円で応募倍率が25倍と当選が困難だったLINEラインのIPOを顧みると、予想以上に需給がタイトになるかもしれません。

 

↓JR九州のIPOも100%抽選のマネックス証券!↓

monex-468
 

ちなみに、昨年の日本郵政3グループでは、日本郵政=6,930億円、ゆうちょ銀行=5,980億円、かんぽ生命保険=1,450億円、3社合計で1兆4,360億円の超大型IPOでした。

 

日本郵政グループ3社のような超大型案件でも結果的には結構な競争倍率となり、上場日には買いが殺到して初値が高騰したことを考えると、フル参戦で臨んでも結構厳しい戦いになりそうな気がます。

 

もちろん、上場前に決定される仮条件の価格次第ではありますが、WIN太郎は十分妙味のあるIPOだと思っており、JR九州上場の正式発表を心待ちにしています^^

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
にほんブログ村へ
 

JR九州のIPOに向けての準備

JR九州IPOの前に準備出来ることはしておきましょう。事前にどれだけ準備できるかでIPO投資で得られる利益額は変わってきます。

 

一つでも多くの当選を目指すなら口座数が勝負なので、今やれる事(保有していない証券口座の開設や資金繰りのイメージ等)はしっかりやっておきましょう。

 

日本郵政グループやLINEラインのIPOの時のように、東海東京証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券、など、主幹事以外でどれだけ当選できるかがポイントになりそうです。

 


IPO新規公開株ブログランキングへ
 

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

DMM.com証券

DMM.com証券が株式取引もスタート。手数料は現物も信用も業界最安値水準!今なら口座開設後最大3か月間取引手数料が0円になります。IPOや立会外分売の取扱い発表はまだありませんが今後に期待大!?

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

70%完全抽選!IPOの抽選申込みは後期型です。立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能なので必須の証券会社です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

東洋証券

10%以上を抽選配分。中国株に強くIPOの取り扱いは少ないですが、口座数も少ないので主幹事入りした時は穴場になります。日本郵政のIPOで当選者多数。

寝ている間に資産運用!(自動売買でラクラク)

トライオートETF

トライオートETF紹介記事

トライオートETFは史上初のETF自動売買機能を備え世界のETFを自動売買してコツコツと資産運用を行います。手数料無料元本為替リスクもゼロ。少額でも可能な自動売買の新しい資産運用です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビの紹介記事

WealthNavi(ウェルスナビ)はノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産を自動運用するロボアドバイザーです。手数料は預かり資産の1%のみで国際分散投資を実現します。

IPO前のベンチャー企業に投資

エメラダ・エクイティ

IPOを目指すベンチャー企業先行投資。プロの投資家が出資している企業に相乗りできます。資金は日証金信託銀行で分別管理されます。

FUNDINNO(ファンディーノ)

日本初の株式投資型クラウドファンディング。厳正な審査を通過したIPOを目指すベンチャー企業に投資してIPO(上場)を待ちます。

初心者向けの株式投資

ワンタップバイ(One Tap BUY)
ワンタップバイ紹介記事

スマホを使った株初心者向けの少額投資!簡単操作&特定口座対応なので気軽に株式投資を楽しめます!

話題の仮装通貨に挑戦!

ビットバンク

ビットコインをはじめ様々な仮装通貨が手軽に購入できます。業界最安・最適価格。セキュリティも万全です!

GMOコイン

手軽にビットコインイーサリアムなどの仮装通貨が売買できてFX取引も可能です。

最近の投稿
IPOブログランキング
IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
今注目の証券口座
プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴20年目、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【新聞に掲載されました】

日本経済新聞:2017年4月2日付

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG tomorrow:2017年10月号増刊

BIG tomorrow:2017年7月号

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のネオジャパンに当選!

野村證券

IPOルールとIPO当選のコツ

業界トップでIPO主幹事最多級!IPO抽選も前受金不要(当選後の入金でOK)です!立会外分売にも参加できるので必須の証券会社です!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

岡三オンライン証券

IPOルールとIPO当選のコツ

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも急増中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません!

カブドットコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待タダ取りには必須の証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2018年IPO

CREロジスティクスファンド投資法人
⇒36株売却済、10株ホールド中

ザイマックス・リート投資法人
⇒10株売却済

ジェイテックコーポレーション
⇒100株売却済

日総工産
⇒900株売却済

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス
⇒200株売却済

ベストワンドットコム
⇒300株売却済

エヌリンクス
⇒100株売却済

ラクスル
⇒100株ホールド中

本年確定分= +5,153,314円

2017年IPO = +5,667,212円
2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円