IPO 初値予想 新規公開株

IPOで勝つ株式投資


ビーブレイクシステムズ(3986)IPOで主幹事!


マネーフォワード主幹事!100%抽選のマネックス証券! monex-468


前受け金不要の岡三オンライン証券!


PKSHAと三菱地所物流リートのIPOで主幹事!


IPOスケジュール2017
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
10/26
10/10~10/16
3995
SKIYAKI
東証M
いち
3,000円
16.9億
 
10/5に決定
 
10/25
10/10~10/16
3484
テンポイノベーション
東証M
東海
3,000円
12.9億
 
10/5に決定
 
10/25
10/10~10/16
9262
シルバーライフ
東証M
みずほ
2,400円
17.9億
 
10/5に決定
 
10/5
9/20~9/26
6555
MS&Consulting
東証M
日興
1,280円
55.7億
 
1,150~1,280円
D
10/5
9/19~9/25
4124
大阪油化工業
JQS
野村
1,830円
11.2億
 
1,830~1,860円
D
10/5
9/19~9/25
6556
ウェルビー
東証M
みずほ
2,580円
56.7億
 
2,400~2,580円
D
9/29
9/13~9/20
3994
マネーフォワード
東証M
日興
1,330円
39.0億
1,550円
1,350~1,550円
C
9/29
9/12~9/19
9260
西本Wismettacホールディングス
東証未
野村
5,250円
223.4億
4,750円
4,500~5,250円
D
9/29
9/12~9/15
6697
テックポイント・インク
東証M
みずほ
650円
11.4億
650円
620~650円
C
9/28
9/11~9/15
3482
ロードスターキャピタル
東証M
みずほ
1,820円
23.0億
1,820円
1,640~1,820円
C
9/26
9/8~9/14
7809
壽屋(コトブキヤ)
JQS
大和
1,980円
13.7億
2,000円
1,980~2,000円
C
9/22
9/6~9/12
3993
PKSHA Technology
東証M
日興
1,690円
50.0億
2,400円
1,700~2,400円
A
9/20
8/30~9/5
3992
ニーズウェル
JQS
みずほ
1,590円
6.4億
1,670円
1,590~1,670円
A

マネーフォワードIPO幹事の東海東京証券!


スポンサーリンク


IPO投資の流れ 最初に何をすれば良い? -IPO投資の始め方3- 【初心者向け】

では実際にどうやってIPO投資を始めたらよいのでしょうか?

 

 

最初に何をすれば良いの?

 

 

ここではまず、IPO投資の基本的な流れ説明します。最初は全体的なイメージを掴んで下さい。

 

ipo-syudy3

 

 

IPO投資の基本的な流れ

 

スケジュールを確認して申し込むIPOを選ぶ

証券会社に申し込む

当選したら正式に購入する

売却する

 

それぞれで少しコツが要りますが、基本的にはこれだけです。慣れれば簡単な単純作業なので、後は地道にループしていくだけです(笑) 詳しくは後述しますので、まずはこの「流れ」を理解して下さい。

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
にほんブログ村へ
 

IPO投資の事前準備

IPO投資全体の流れを理解したところで、今度はIPO投資の事前準備です。

 

資金を用意する

 

資金が10万円では流石にIPO投資は難しいですが、50万円あればIPO投資は可能です。もちろん300万円あればより良いです。しかし、IPO投資は資産額に応じた効率的な戦略があるので、まずは可能な限り資金を集めましょう。

 

投資資金は余裕資金の10%~20%程度に!」などと言われますが、個人的にはリスクのないIPO投資用であれば、100%使用しても良いと思っています。現にWIN太郎はそうしてきました。この感覚は既にIPO投資を実践している方なら分かると思います。

 

また、ご自身で自由に使える資金を用意すると同時に、それらを効率的に移動できるようネットバンクの口座を開いておきましょう。ネットバンクがあれば、殆ど全ての証券会社への入金が無料となるだけでなく、効率的な資金移動が可能になります。

 

ちなみにWIN太郎は、銀行大手(三菱東京UFJダイレクトSMBCダイレクト)+SBIネット銀行や大和ネクスト銀行、楽天銀行のネットバンク口座を持っています。初心者の方は大手バンクで一つは登録しておきましょう。

 

証券口座を開設する

 

IPOを申し込むには証券口座が必要です。既に何社か証券口座をお持ちの方でも、当選確率を上げるためには口座数がポイントなので、可能な限り証券口座を開設しておきましょう。

 

証券口座の開設維持費は全て無料です。資金が少ないので証券口座が沢山あっても仕方ない、という事はありません。銘柄ごとに最も当選しやすい証券会社を選んで申込みをするので(詳細は後述)、少なくとも主要な証券口座は開設しておきましょう。

 

ちなみにWIN太郎は現在25の証券会社の口座を保有しています。

 

また、SBI証券マネックス証券楽天証券大和証券では、未成年口座(子供口座)も開設し、当選確率を上げています。もちろん、妻にも口座を作らせています。

 

IPO資金が300万円あるなら、以下の12社は欲しいところです。50万円なら上位3-4社100万円なら上位6-7社程度。それ以上なら全包囲網で臨みましょう!

 

1、SBI証券

2、野村ネット&コール前受金不要(当選後の入金でOK)

3、SMBC日興証券

4、マネックス証券

5、大和証券

6、東海東京証券 ← 密かにイチオシです

7、むさし証券前受金不要(当選後の入金でOK)

8、みずほ証券

9、岩井コスモ証券

10、カブドットコム証券

11、GMOクリック証券

12、岡三オンライン証券前受金不要(当選後の入金でOK)

 

 

証券口座開設の方法とQ&Aへ進む20susumu

 

20modoruIPO投資がオススメな理由に戻る

 

↓↓IPO投資で必須のSMBC日興証券↓↓

SMBC日興証券のIPOルールとIPO当選のコツ

 

↓最短5営業日で口座開設できる東海東京証券↓

東海東京証券のIPOルールとIPO当選のコツ

 

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントは3件です

  1. ビギナー より:

    IPOで200株を申し込むと当選確率は2倍になりますか?

    • WIN太郎 より:

      ビギナー様

      SBI証券は申込数に比例して当選確率が上昇しますが、他の証券会社は1単元(基本100株)でも当選確率は変わりません。

      http://ipo-win.com/ipo-sbi/

      主幹事を中心に多くの証券会社から申し込むのがIPO当選の近道となります。

      ビギナー様もコツコツと頑張ってみてください。

      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. ビギナー より:

    回答ありがとうございます。

    100万の資金で3社の証券会社から申し込んでいるのですが、なかなか当たらないものですね。

    引き続き、頑張ります!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

70%完全抽選!IPOの抽選申込みは後期型です。立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能なので必須の証券会社です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

東洋証券

10%以上を抽選配分。中国株に強くIPOの取り扱いは少ないですが、口座数も少ないので主幹事入りした時は穴場になります。日本郵政のIPOで当選者多数。

寝ている間に資産運用!(自動売買でラクラク)

トライオートETF

トライオートETF紹介記事

トライオートETFは史上初のETF自動売買機能を備え世界のETFを自動売買してコツコツと資産運用を行います。手数料無料元本為替リスクもゼロ。少額でも可能な自動売買の新しい資産運用です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビの紹介記事

WealthNavi(ウェルスナビ)はノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産を自動運用するロボアドバイザーです。手数料は預かり資産の1%のみで国際分散投資を実現します。

初心者向けの株式投資

ワンタップバイ(One Tap BUY)
ワンタップバイ紹介記事

スマホを使った株初心者向けの少額投資!簡単操作&特定口座対応なので気軽に株式投資を楽しめます!

最近の投稿
IPOブログランキング
口座開設でお小遣いを獲得!

マネースクウェア・ジャパン

口座開設10,000通貨取引楽天スーパーポイント15,000円分貰えます(楽天会員限定)

DMM FX

新規口座開設後の取引もれなくAmazonギフト券10,000円分が貰えます

IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
ZMPの上場(IPO)について
プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴19年目、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【新聞に掲載されました】

日本経済新聞:2017年4月2日付

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG tomorrow:2017年10月号増刊

BIG tomorrow:2017年7月号

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のネオジャパンに当選!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

カブドットコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待タダ取りには必須の証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

むさし証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須!10%以上完全抽選。年に数度は幹事入りするので侮れません。幹事入り増加中!

岡三オンライン証券

IPOルールとIPO当選のコツ

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも増加中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2017年IPO
森トラストホテルリート投資法人
 ×15株ホールド中
レノバ
 ×100株売却済み
ファイズ
 ×100株売却済み
ユーザーローカル
 ×200株売却済み
テモナ
 ×100株売却済み
三菱地所物流リート投資法人
 ×1株売却(32株ホールド中)
PKSHA Technology
 ×300株売却済み

本年確定分= 3,669,275円

2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円