IPO 初値予想 新規公開株

IPOで勝つ株式投資


3月末でIPO主幹事3連発!IPO取扱い最多級! SBI証券[旧イー・トレード証券]


Amazonギフト券プレゼント!100%抽選のマネックス証券! 株・投資信託ならネット証券のマネックス


前受け金不要の岡三オンライン証券!IPO急増! 岡三オンライン証券


ユナイトアンドグロウIPOの主幹事!IPO主幹事最多級!SMBC日興証券 オンライントレード


IPOスケジュール2020
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
6/26
6/11~6/17
4496
コマースOneホールディングス
東証M
大和
1,270円
7.8億
 
6/9に決定
B
6/24
6/9~6/15
4052
フィーチャ
東証M
日興
470円
3.1億
 
6/8に決定
A
6/24
6/8~6/12
4497
ロコガイド
東証M
みずほ
@1,800円
46.6億
 
6/4に決定
C
※評価の緑字表記は仮条件決定前の仮評価、本評価後の変更は赤字表記

2020年にIPOが期待される企業

2020年IPO初値結果はコチラ


前受け金不要のライブスター証券!

名南M&AのIPO主幹事!東海東京証券!


スポンサーリンク


日本郵政3社のIPOで一番人気の銘柄はどれ? 各社の初値予想は!?

ゆうちょ銀行かんぽ生命日本郵政、のIPO(新規上場)が正式に決定しました!

 

WIN太郎もそれぞれ新規承認記事を書きましたが、とりあえずは概要だけです^^;

 

その後すぐにまとめ記事でも書こうと思ったのですが、既に様々な証券会社のHPやマネー雑誌で詳しく解説されているので、その辺は省かせていただきますm(_ _)m

 

注意すべき点は、日本郵政の締切日だけが長いという日程だけですね。資金繰りも含めて頭に入れておきましょう。

 

yuusei-book

 ※クリックで拡大します

 

で、一番気になるのは初値予想ですよね^^;

 

そして、3社の中での一番人気や順位も・・・。

 

IPO好きの皆さんはもちろん、これを機に株式投資を始めてみたいと考えている株初心者の方も、初値予想と人気順は気になるところだと思います。

 

日本郵政3社の人気順位は?

 

当初、WIN太郎個人としては、配当利回りや株数の希少性、そして長年の直感から

 

かんぽ生命 > ゆうちょ銀行 > 日本郵政

 

ではないかと思いました。

 

しかしながら、先行で出された大手予想会社1発目の評価では、

 

ゆうちょ銀行 > かんぽ生命  日本郵政

 

となっています。正直、これは意外でした。まだまだ期間はありますし、IPOの地合いも悪いので、もしかすると仮条件は想定価格を下回ってくる可能性もあります。

 

そうなると現在の評価や人気順位も変わってくるでしょうが、まずは一発目の評価として捉えてください。

 

↓↓↓皆さんの初値予想は?↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
にほんブログ村へ
 

日本郵政3社の初値予想は?

肝心の初値予想ですが、大手評価会社では現段階で以下のように予想しています。

 

かんぽ生命 :売出価格=2,200円 ⇒ 初値予想=2,200円~2,400円
ゆうちょ銀行:売出価格=1,450円 ⇒ 初値予想=1,500円~1,800円
日本郵政  :売出価格=1,350円 ⇒ 初値予想=1,350円~1,450円

 

5段階評価ではゆうちょ銀行のみ上から3番目、他の2社は下から2番目の評価です。

 

もちろん、これはあくまでも現段階での評価なので、今後も変わっていく可能性があります。また、大手予想会社の評価も最近はハズレることが多いので、あくまでも参考程度に見ておくと良いでしょう。

 

各証券会社の見方は?

WIN太郎は各証券会社の担当営業マン(営業ウーマンもいます)に、チョロチョロと電話をして探りを入れてみました^^;

 

主幹事のA証券:「どれが人気だとかは一切言えないんです・・・

 

主幹事のB証券:「何とも言えないですが、大手予想会社の評価は私も意外に思いました

 

主幹事のC証券:「まだ皆さん探り探りで何とも言えませんね。でも、個人的にはかんぽ生命のような気がします

 

主幹事のD証券:「まだ何とも言えません。ちなみにWIN太郎様はどういうお考えですか?(逆質問で汗^^;)

 

と、どの証券会社もハッキリしない回答でした・・・。

 

しかし、どの営業マンも口には出しませんでしたが、一番心配しているのは「地合い」ではないでしょうか?こればっかりはその時になってみないと判りませんが・・・。

 

しかし、現段階では荒れ相場が続いており、IPO市場も元気がありません。もしこのままの状態が続くのであれば、強気な仮条件は設定できないはずです。しかし、そうなれば我々投資家にもチャンスが!?

 

↓↓↓皆さんの初値予想は?↓↓↓


IPO新規公開株ブログランキングへ

WIN太郎も今後の流れを注視しながら、変化があれば随時ブログに公開していきます。

 

まずは、今やれる事(証券口座の開設や資金繰り)は、しっかりやっておきましょう。評価が上方修正されて急に人気化することもあり得ます。今から口座開設しても十分間に合いますが、直前だと間に合わない可能性もあります。

 

↓↓SMBC日興証券↓↓

 

↓↓SBI証券↓↓

 

↓↓マネックス証券↓↓

 

↓↓カブドットコム証券↓↓

 

↓↓岩井コスモ証券↓↓

 

↓↓安藤証券↓↓

 

↓↓GMOクリック証券↓↓

 

↓↓楽天証券↓↓

 

↓↓ライブスター証券↓↓

 

↓↓むさし証券↓↓

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家必須の証券会社です!立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

寝ている間に資産運用!(自動売買でラクラク)

トライオートETF

トライオートETF紹介記事

トライオートETFは史上初のETF自動売買機能を備え世界のETFを自動売買してコツコツと資産運用を行います。手数料無料元本為替リスクもゼロ。少額でも可能な自動売買の新しい資産運用です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビの紹介記事

WealthNavi(ウェルスナビ)はノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産を自動運用するロボアドバイザーです。手数料は預かり資産の1%のみで国際分散投資を実現します。

初心者向けの株式投資!

日興フロッギー
FROGGY
フロッギーの紹介記事

日興フロッギーなら記事から簡単に株を買うことができます。500円単位金額指定で購入手数料は0円!少額で投資デビューできるので株初心者にオススメです。

スマートプラス『STREAM』
スマートプラス『STREAM』開設プロモーション
スマートプラスの紹介記事

日本初!株式委託手数料がいつでも何回でも無料です!現物取引も信用取引もすべてゼロ!コミュニティ型スマホアプリで即取引ができるので株初心者にもオススメです。

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券
ネオモバの紹介記事

Tポイント数百円からが買える日本発の新サービス!株初心者でも手軽に投資デビューができるのでオススメです。IPOの取り扱いもスタートしました!

LINE証券
LINE証券
LINE証券の紹介記事

手持ちのLINEアプリ数百円から株や投信を売買することができます。LINEポイントも使えるので投資デビューにオススメです。

IPO前のベンチャー企業に投資

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

日本初の株式投資型クラウドファンディング。厳正な審査を通過したIPOを目指すベンチャー企業に投資してIPO(上場)を待ちます。

Unicorn(ユニコーン)

IPO(上場)を目指すベンチャー企業に投資する株式投資型クラウドファンディング。ユニコーンなら投資先から株主優待も貰えます。

話題の仮装通貨に挑戦!

GMOコイン

手軽にビットコインイーサリアムなどの仮装通貨が売買できてFX取引も可能です。

最近の投稿
IPOブログランキング
IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
今注目の口座

IPO投資で必須!
SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券が一番オススメな理由!

SMBC日興証券 オンライントレード

IPO取扱い最多級!

auアセットマネジメント仲介で口座開設できます!

プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴22年、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【新聞に掲載されました】

日本経済新聞:2017年4月2日付

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG tomorrow:2017年10月号増刊

BIG tomorrow:2017年7月号

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券
SMBC日興証券 オンライントレード

IPOルールとIPO当選のコツ
記事から即買いの新サービス!

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のIPOに当選!

大和証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の最大25%!IPOの主幹事数もトップクラスでWIN太郎も過去に何度も当選しています!当ブログからauアセットマネジメント仲介で口座開設できます

野村證券

IPOルールとIPO当選のコツ

業界トップでIPO主幹事最多級!IPO抽選も前受金不要(当選後の入金でOK)です!立会外分売にも参加できるので必須の証券会社です!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券
SBI証券[旧イー・トレード証券]

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券
株・投資信託ならネット証券のマネックス

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券

IPOルールとIPO当選のコツ

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも急増中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません!

auカブコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネットで平等抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待ツナギ売りにはおすすめの証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2020年IPO

カーブスホールディングス
⇒200株売却済

2020年確定分-17,746円

2019年IPO =+12,224,600円
2018年IPO = +6,518,841円
2017年IPO = +5,667,212円
2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円