ソフトバンク IPO 割当比率

IPOで勝つ株式投資


速報!IPOの取り扱いがスタートしました!


ミンカブ・ジ・インフォノイドIPOの主幹事!IPO取扱い最多級!


マネーフォワード主幹事!100%抽選のマネックス証券! monex-468


前受け金不要の岡三オンライン証券!IPO急増!


識学(7049)IPOの主幹事!IPO主幹事最多級!


IPOスケジュール2019
上場日
BB期間
銘柄コード
銘柄名
市場
主幹事
想定価格
吸収規模
公募価格
仮条件
評価
3/28
3/12~3/18
7674
NATTY SWANKY
東証M
日興
3,270円
19.3億
 
3/11に決定
 
3/28
3/11~3/15
7062
フレアス
東証M
日興
1,550円
9.3億
 
3/8に決定
 
3/28
3/11~3/15
4437
日本ホスピスホールディングス
東証M
野村
780円
17.0億
 
3/8に決定
 
3/25
3/7~3/13
4437
gooddaysホールディングス
東証M
日興
1,930円
7.0億
 
3/6に決定
 
3/20
3/5~3/11
7060
ギークス
東証M
日興
1,930円
18.0億
 
3/4に決定
B
3/19
3/4~3/8
7059
コプロ・ホールディングス
東証M
大和
2,090円
33.6億
 
2/28に決定
D
3/19
3/1~3/7
4436
ミンカブ・ジ・インフォノイド
東証M
SBI
960円
30.3億
 
2/27に決定
B
3/19
3/1~3/7
1451
KHC
東証2
野村
850円
15.0億
 
2/27に決定
D
3/18
2/28~3/6
7058
共栄セキュリティーサービス
JQS
みずほ
2,070円
10.2億
 
2/26に決定
D+
3/15
2/28~3/6
4435
カオナビ
東証M
大和
1,780円
17.8億
 
2/26に決定
B
3/14
2/26~3/4
7057
エヌ・シー・エヌ
JQS
野村
700円
6.4億
 
700~800円
C-
3/13
2/26~3/4
4434
サーバーワークス
東証M
大和
4,320円
16.0億
 
4,320~4,780円
A
3/13
2/26~3/1
4432
ウイングアーク1st
東証未
野・三
1,970円
451.1億
 
2/25に決定
D
3/12
2/25~3/4
2972
サンケイリアルエステート投資法人
東証R
大和
10.0万円
238.6億
 
9.8~10.0万円
D
3/12
2/22~2/28
7673
ダイコー通産
東証二
野村
1,510円
9.4億
 
1,510~1,540円
C
3/5
2/15~2/21
1887
日本国土開発
東証未
三菱
500円
77.4億
510円
490~510円
C
2/28
2/13~2/19
4431
スマレジ
東証M
大和
1,370円
24.1億
1,370円
1,200~1,370円
B
2/28
2/13~2/19
7050
フロンティアインターナショナル
東証M
日興
2,290円
20.3億
2,410円
2,290~2,410円
C
2/27
2/8~2/15
4430
東海ソフト
東証2
野村
1,290円
8.9億
1,500円
1,410~1,500円
B
2/26
2/8~2/15
4429
リックソフト
東証M
大和
3,840円
11.3億
4,000円
3,840~4,000円
A
2/22
2/6~2/13
7049
識学(しきがく)
東証M
日興
1,640円
6.2億
1,800円
1,640~1,800円
A
※評価の緑字表記は仮条件決定前の仮評価、本評価後の変更は赤字表記

2019年IPOが期待される企業

2019年IPO初値結果はコチラ


前受け金不要のライブスター証券!

IPO・POの取扱い多数!カブドットコム証券!

イボキンIPO主幹事!東海東京証券!


スポンサーリンク


ソフトバンクIPOの上場承認とIPO初値予想!各社割当数も公開!

ソフトバンクIPO(9434)が新規承認されました!

 

ソフトバンク(9434)の上場日は12/19(水)で、上場市場は未定ですが東証一部となるのはほぼ確実です。

 

主幹事は野村證券を筆頭に6証券が共同で務め、IPOの申し込み期間(BB期間)は12/3(月)~12/7(金)となってます。

 

 

待ちに待ったソフトバンクIPOが正式に決定しました!

 

上場日や公開規模は事前に報道されていた通りでしたが、主幹事の顔ぶれや序列はちょっと意外でしたね。

 

これから上場日に向けて大いに盛り上がって欲しいところです。

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株
 

ソフトバンク(9434)の事業内容

ソフトバンク(9434)は、言わずと知れたソフトバンクグループ(9984)の中核会社であり、移動通信サービス携帯端末の販売固定通信サービスインターネット接続サービス等を展開している企業です。

 

 

主力の移動通信サービスでは、メインブランドの「ソフトバンク」、低価格のサブブランド「ワイモバイル」、そして「LINEモバイル」の三つのブランドを展開しています。

 

 

固定通信サービスでは「SoftBank 光」などのブロードバンドサービスを、「ソフトバンクでんき」では電力サービスも手掛けています。

 

※クリックで拡大します

 

今後はIoT時代を見据えた次世代の移動通信システムである「5G」の提供を控え、AI(人工知能)、IoT、スマートカー・ロボット、VRなど様々な分野でのサービスを拡大し、新規事業を展開していきます。


 

今後の新規事業展開では、多数のソフトバンクグループ企業(Arm社やヤフーなど)と連携することにより、多くのシナジーも期待されます。

 

※クリックで拡大します

 

ソフトバンク(9434)の各種経営指標

※クリックで拡大します

 

ソフトバンク(9434)のIPO基礎情報

証券コード 9434
社名 ソフトバンク株式会社
業種 情報・通信業
事業内容 移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供
上場日 12/19(水)
上場市場 東証一部(予定)
公募株数 0株
売出株数 1,603,693,700株
国内:1,427,287,400株
海外: 176,406,300株
OA 160,369,400株
想定発行価格 1,500円
仮条件 11/30に決定
最低必要金額 15.0万円
吸収金額 26,461億円(想定価格で計算)

国内23,815億円

時価総額 71,807億円(想定価格で計算)
BB期間 12/3~12/7
公募価格決定日 12/10
主幹事証券 野村證券(25.06%)
大和証券(20.0%)
SMBC日興証券(16.0%)
みずほ証券(16.0%)
三菱UFJMS証券(12.5%)
SBI証券(7.6%)
幹事証券 岡三証券(0.79%)
東海東京証券(0.79%)
岩井コスモ証券(0.60%)
水戸証券(0.49%)
西日本シティTT証券(0.07%)
松井証券(0.04%)
マネックス証券(0.04%)
あかつき証券(0.02%)
カブドットコム証券(委託取扱い決定!)
岡三オンライン証券(委託取扱い決定!)
ライブスター証券(委託?)
楽天証券(委託?)
GMOクリック証券(委託?)
One Tap BUY(委託※1株単位)
三菱UFJ銀行(委託)

 

結局は野村證券を筆頭にした5大証券+SBI証券が主幹事となりました。SBI証券凄いですね!ちなみに、証券各社の割当比率は営業マンからヒアリングしたものです。

 

平幹事の東海東京証券でも0.79%で約188億円、100%抽選マネック証券の0.04%でも約9.5億円で約6,350枚にもなることから、平幹事でも十分当選が狙えそうです

 

 

ソフトバンク(9434)のIPO評価

時価総額は想定価格ベースで約7.2兆円、公開規模が約2.65兆円(国内約2.4兆円)と過去最大のIPOとなる見込みです。

 

業績動向、配当(配当性向85%目安5%強か?)、親子上場など、ソフトバンクIPOの評価ポイントは多くありますが、やはり超大型IPOということで需給面が最も気になるところです。

 

過去に実施された超大型IPOの結果や株価動向

 

ソフトバンクIPOはグローバルオファリングですが、その比率は意外と低く約11%(予定)のみでした。とは言え、海外での人気も非常に気になるところです。

 

また、各指数への組入れやファンド等による買い需要も相当量見込まれるので、リバランスにより全体相場へ与える影響も大きそうですね。

 

ちなみに、ソフトバンクの公開規模は国内分で約2.4兆円ですが、本日の東証一部全体の売買金額は約2.1兆円しかありません(苦笑)

 

抽選後期型の岩井コスモ証券

岩井コスモ証券

⇒ 岩井コスモ証券のIPOルールと当選のコツ

 

 

個人的には、10月の波乱相場や先日のNTTドコモの件を受けて、想定価格ベースでもう少し大胆なプレミアムディスカウントを期待していました。

 

孫さんは「コスト削減を進めることなどによって収益計画に大きな影響はない」とコメントしていますが、市場がこの辺をどう捉えるか注目ですね。

 

ちなみに、ソフトバンクグループは「業務工数/コストを半分に、生産性/独創性は2倍に」を目指す施策に加え、2018年6月時点で2,000件を超えるAI(人工知能)・RPA(ロボットによる業務自動化)プロジェクトを実践しているようです。

 

IPO投資で必須のSBI証券

⇒ SBI証券が一番オススメな理由!

 

これからのロードショー(機関投資家等へのヒアリング)で仮条件がどうなるか見物ですね。

 

ソフトバンクグループ(9984)は上場後も同社の約63%を保有する筆頭株主であり、上場後180日のロックアップがかかっています(価格による解除条項なし)

 

まずは予想会社の評価待ちとしますが、まだ時間もあるので個人的にもジックリと検討したいと思います。

 

ソフトバンクIPOの過去記事一覧

 

ソフトバンクIPO(9434)の初値予想

一発目の初値予想は11/18(日)11/19(月)に追記します
ブログ上部のIPOスケジュールの「評価」欄も後日記載します
※緑字が仮評価、黒字が本評価、変更があった場合は赤字
公募価格近辺?(初値予想第一弾:11/19記:暫定)
 

※二発目の初値予想は仮条件が決定する11/30(金)後にアップします

 

↓皆さんの初値予想は?↓


IPO新規公開株ブログランキング
 

IPO投資は口座数継続力がポイントですが、事前準備をしておかなけれチャンスも掴めません。少しでも多くの利益を得られるよう、証券口座や資金繰りなど事前準備はしっかりと行っておきましょう。

 

ここで動くか動かないかで得られる利益が変わってきます!

 

⇒ SMBC日興証券のIPOルールと当選のコツ

 

 

この記事に関連する記事一覧


スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ内検索
IPO初心者向け情報
カテゴリー
証券会社のIPOルールとコツ
IPOで穴場の証券会社

GMOクリック証券

100%完全抽選!GMOグループの上場では優先枠があります。手数料が格安なので株主優待タダ取りでは必須の証券会社です!WIN太郎もメインで使ってます^^

DMM.com証券

DMM.com証券が株式取引もスタート。手数料は現物も信用も業界最安値水準!今なら口座開設後最大3か月間取引手数料が0円になります。IPOの取扱いも始まりました!

楽天証券

100%完全抽選!(ステージ制)。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です。トレーディングツールのマーケットスピード(無料)は必須のツールです!

松井証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家必須の証券会社です!立会外分売の取扱いもあり、株主優待タダ取りでも一般信用取引が可能です。10万円以下は手数料が無料なので初心者にオススメ!

丸三証券

10%以上を完全抽選!口座数が少ないので狙い目です!立会外分売にも参加できます。

立花証券
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

IPOの取り扱いは少ないですが、その分口座数も少ないので、幹事入りした時は穴場になります。

寝ている間に資産運用!(自動売買でラクラク)

トライオートETF

トライオートETF紹介記事

トライオートETFは史上初のETF自動売買機能を備え世界のETFを自動売買してコツコツと資産運用を行います。手数料無料元本為替リスクもゼロ。少額でも可能な自動売買の新しい資産運用です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビの紹介記事

WealthNavi(ウェルスナビ)はノーベル賞受賞の理論をベースとした世界水準のアルゴリズムで資産を自動運用するロボアドバイザーです。手数料は預かり資産の1%のみで国際分散投資を実現します。

IPO前のベンチャー企業に投資

FUNDINNO(ファンディーノ)

日本初の株式投資型クラウドファンディング。厳正な審査を通過したIPOを目指すベンチャー企業に投資してIPO(上場)を待ちます。

話題の仮装通貨に挑戦!

ビットバンク

ビットコインをはじめ様々な仮装通貨が手軽に購入できます。業界最安・最適価格。セキュリティも万全です!

GMOコイン

手軽にビットコインイーサリアムなどの仮装通貨が売買できてFX取引も可能です。

最近の投稿
IPOブログランキング
IPO相互リンク集
便利なネットバンキング
今注目の証券口座
プロフィール

win太郎

管理人:WIN太郎

IPO投資歴20年目、株歴はウン十年のベテラントレーダーです。好きな言葉は当選ストップ高です(^^)

⇒詳しいプロフィール1
⇒詳しいプロフィール2
⇒詳しいプロフィール3

⇒WIN太郎にメールする

【新聞に掲載されました】

日本経済新聞:2017年4月2日付

【テレビに出演しました】

tv-tokyo-200
テレビ東京:モーニングチャージ

【雑誌に掲載されました】

BIG tomorrow:2017年10月号増刊

BIG tomorrow:2017年7月号

BIG-tomorrow201605
BIG tomorrow:2016年6月号増刊

BIG-tomorrow201604
BIG tomorrow:2016年5月号増刊

big-1225-c
BIG tomorrow:2016年2月号
IPOで必須の証券会社

SMBC日興証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネット抽選は配分数の10%を完全抽選。言わずと知れた大手証券の一角でIPOの主幹事になることも多数。取り扱い数もトップクラスです。WIN太郎も一撃100万円オーバー利益のネオジャパンに当選!

野村證券

IPOルールとIPO当選のコツ

業界トップでIPO主幹事最多級!IPO抽選も前受金不要(当選後の入金でOK)です!立会外分売にも参加できるので必須の証券会社です!

東海東京証券

IPOルールとIPO当選のコツ

配分数の10%を完全抽選。残り90%はステージ制で配分。主幹事含めてIPOの取扱いが急増中なので、現在WIN太郎一押しの証券会社です!

SBI証券

IPOルールとIPO当選のコツ
IPOチャレンジポイントの解説
IPOチャレンジポイントの価値
IPOチャレンジポイントのボーダーライン
SBI証券が一番オススメな理由!

70%を完全抽選(資金比例)30%をポイント制で配分。IPOにハズレてもポイントが貰えます。立会外分売の取扱いもあり、未成年口座の開設も可能です。ネット証券口座数NO,1。

マネックス証券

IPOルールとIPO当選のコツ

100%完全抽選!IPO取扱いはネット証券でトップクラスです!立会外分売にも参加でき、未成年口座の開設も可能です

岡三オンライン証券

IPOルールとIPO当選のコツ

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!100%抽選で幹事入りも急増中。口座数も少ないので穴場です。開設して損はありません!

カブドットコム証券

IPOルールとIPO当選のコツ

ネットで平等抽選!三菱UFJグループのネット証券でIPOの抽選申込みは後期型。他社の抽選後に資金移動しても間に合います。株主優待ツナギ売りには必須の証券会社です!

岩井コスモ証券

IPOルールとIPO当選のコツ

10%以上完全抽選。IPOの取扱いは意外に多い。IPOの抽選申込みは後期型で、他社の抽選後に資金移動しても間に合います。

ライブスター証券

前受金不要(当選後の入金でOK)なので少額投資家は必須です!しかも100%完全抽選で口座数も少ないです。開設して損はありません。手数料も業界最安値で株主優待タダ取りにも最適。立会外分売の取り扱いもあります。

WIN太郎のIPO当選実績

2019年IPO

本年確定分= 0

2018年IPO = +6,518,841円
2017年IPO = +5,667,212円
2016年IPO = +8,412,185円
2015年IPO = +11,121,115円
2014年IPO = +8,880,201円
2013年IPO = +4,701,983円
2012年IPO = +1,994,585円
2011年IPO =  +485,770円
2010年IPO =  +559,345円
2009年IPO = +1,452,642円
2008年IPO =  +538,914円
2007年IPO = +3,968,137円
2006年IPO = +8,393,795円
2005年IPO = +5,859,714円
2004年IPO = +6,731,732円
2003年IPO = +2,158,900円
2002年IPO =  +971,371円
2001年IPO = +2,651,465円
2000年IPO =  +369,983円
2000年番外編 =-8,024,305円
1999年IPO =  +396,974円